Click This image!
この画像をクリック
Lee Glickstein, Founder
and Doreen Hamilton, Training Director
with Rosalyn
SPEAKING CIRCLES® スピーキングサークル

       A place where you can just be yourself.

Speaking Circles is a place where you can experience giving and receiving unconditional love in a warm and supportive atmosphere. Ideally we humans would fully respect each other and feel the deep connection among us in daily life. However unfortunately the reality is that we often cut each other down and don't listen carefully to each other as we rush around in our busy lives.

In Speaking Circles you will be in a warm and supportive atmosphere as we listen to each other with deep respect, and enjoy silence together. You will receive only positive feedback in a safe setting.

What you learn in Speaking Circles can be applied to your relationships with your family, friends and coworkers, and many who attend Speaking Circles find that their relationships with others improve, and that they feel more comfortable in social settings.

Started by Lee Glickstein in 1989. Seewww.speakingcircles.com I trained with Lee Glickstein, and became a Certified Speaking Circle® Facilitator in 2007, offering regular Speaking Circles at Unicorn Center.
The fee per Circle is 3,000 yen. Contact me at 080-1290-8883 or unicorncenter2012@yahoo.co.jp to reserve a place at least two days before the Circle. I look forward to seeing you!

SPEAKING CIRCLES SCHEDULE 2013-2014
(You may speak ANY language at a Circle. I will facilitate in English and Japanese)

2nd Friday of each month 7:30 to 9:30 p.m.
4th Sunday of each month 2:00 to 4:00 p.m.


PLEASE READ THE GUIDELINES BELOW:

ありのままの自分を経験する場

スピキングサークルでは肯定的で暖かい雰囲気の中で、無条件の愛を受け取り、そして与える場です。本来、人間は互いに尊重し合い、深い繋がりを感じるのですが、実際は、忙しい毎日の中で、相手の話を聞かなかったり、お互いを批判したりしがちです。

スピーキングサークルでは、ゆっくりしたペースでお互いの話を聞いたり、また沈黙を楽しんだりする練習をします。自然にお互いを認め合う暖かい雰囲気を味わうことができるでしょう。

スピーキングサークルで学んだことを家族、友人、同僚などと話す時に取り入れると、人間関係が前よりもスムーズに流れます。


スピーキングサークルは1989年にアメリカ人のリー・グリックステインによって始められました。www.speakingcircles.comをご覧ください。

スピキングサークルの認定リーダー萩原ロザリンは荻窪のユニコーンセンター
で定期的にサークルを開いています。

料金は\3,000です。ご予約はサークルの2日前までにロザリンへ080-1290-8883 unicorncenter2012@yahoo.co.jp

2013-2014年のスケジュール
毎月第2金曜日19:30-21:30
毎月第4日曜日14:00-16:00

説明は英語と日本語で行われます。参加者はどの言語を話してもかまいません。内容よりも、観衆と繋がることが目的です。

ご参加の前に下記のスピーキングサークル・サポート・ガイドラインを読んで下さい:

Speaking CircleR Standards of Support

スピーキングサークルRサポート・ガイドライン

For the safe exploration of Full Presence Communication, we agree to maintain the following standards of support: フル・プレゼンス・コミュニケーションを気楽に経験するために、私たちは次のサポート・ガイドラインに従います。

As audience members, to the best of our ability we:

聴衆(観客)としてできるだけ注意すること:

-          Keep our eyes gently available to the person in front of the group

-          前に立つ人を常に柔らかな視線で見る

-          Remain quiet, except for laughter if it comes naturally

-          自然に湧き出る笑い以外は沈黙を保つ

-          Do not respond out loud, even if asked a question by the person in front

-          前に立つ人の言葉に声を出して反応せず、直接質問をされても返答しない

-          Do not take notes or engage in any other distracting behavior

-          メモを取ったり、他の気をそらす行動をしたりしない

As the person in front of the group we:

前に立つ人としてすること:

-          Begin in silence with at least one full breath

-         少なくとも一回深呼吸をして、沈黙から始める

-          Always be with one person at a time

-          必ず1人ずつの聞き手に意識を向ける

-          May speak or be silent

-          無言のままでもいいし、話してもいい

-          Do not speak about individuals in the Circle

-          サークルにいる他の参加者については話をしない

-        Do not mention another person's content except as a point of departure for our own

-      自分の話しのトピックとする以外は他人の話の内容には触れない

When giving appreciation, we do :

アプリシエーションを伝える時にすること:

-          Keep it concise and simple, about this turn only

-        今終わったターンについてわかりやすく、簡潔にする

-        Keep it absolutely positive

-        100パーセント肯定的なことを言う

-       Reflect back the essence qualities of the person

-      相手の本質を伝える

When giving appreciation, we do not :

アプリシエーションを伝える時にしないこと:

-      Refer to the content of what the person said

-     相手が話した内容に触れる

-     Evaluate or compare this turn with previous turns or with other participants

-    相手の以前のターンや他人のターンと比較したりする

-   Analyze, coach, advise, evaluate, encourage, interpret

-  分析、コーチ、アドバイス、評価、応援、解釈をしたりする

-  Turn attention to ourselves

-  自分へ注意を引く

When receiving appreciation, we:

アプリシエーションを受ける時にすること:

-    Just take it in while continuing to be with one person at a time

-  聴衆の一人ひとりを順番に意識しながら、そのアプリシエーションを受け入れる

- Do not make comments other than "thank you"

-  「ありがとう」以外はコメントをしない

During breaks and after the Circle, we:

休憩時間あるいはサークル後に注意すること:

-  Do not bring up another participant's content unless we ask for and receive specific permission. This includes advice, good ideas and questions. Even well-meaning discussion of content takes the focus away from essence and presence.

-  特別に許可をもらっている場合以外は他の参加者の内容については話さないこと。これはアドバイス、いいアイディア、質問などを含む。相手のことを考えて内容に触れても、本質と現在の場から外れてしまう。

To maintain confidentiality, we:

プライバシーを守るために

- Do not mention anyone's content outside of the Circle without permission

-  特別な許可なしにサークル以外で人の内容に触れない

c 2003, Lee Glickstein. All rights reserved. [Adapted from Be Heard Now!, Broadway Books]

c2003年、りー・グリックスタイン著作権[Be Heard Now!]より